メインイメージ画像

インターネットの接続は以前に比べて簡単になりました

今はどこに行っても、インターネットがこれだけあふれている時代、もちろんそれを利用する方法、手段、アプローチも非常に容易になっています。さらに携帯電話、スマートフォン、パソコンだけではなく、いろいろなものがインターネットに接続することが特徴です。一昔前の頃はまさかテレビや電話、音楽再生機器、さらに家電、自動車がインターネットへと接続する時代が来るなどとは考えていませんでした。

将来ネットのIP住所が世界で無くなることで、新しいプロトコルを開発して対策していこうという時点まで到来しているわけです。

いわゆる、全世界で社会課題にまでとらえられているといったことです。特に近頃はIOTという世界、簡単に言えばすべてのツールがインターネットにつながって便利な世界を構築していくというコンセプトが主流になっています。

では実際に個人がインターネットに接続する場合はどうでしょう。

端的にいうと今は有線から無線が主流になり、さらには自動接続が常識になったことにより、子供だとしても簡単にインターネットに接続できるようになったと考えられるのではないでしょうか。一昔前、パソコンを買って光回線を契約、プロバイダー契約したうえで有線にてインターネットの設定、接続をすることはかなり煩雑で難しいものでした。今はこうした自宅のパソコンのインターネット接続も無線で簡単に接続可能であることがほとんどです。



しかし、これだけ簡単に接続できることは反対に情報セキュリティの観点では脆弱になり、意地の悪いサイバー攻撃も受けやすいという反動があることも理解しておかねばなりません。IOTであらゆるものがたやすくインターネットで接続するようになると、逆に脅威をいかに抑えて乗り越えていくかをしっかり考えていく必要性が存在します。いたちごっこといえるところではありますがしっかり、利便性が活かせるような技術の発展、さらにはモラルの向上を図っていくことが大切です。

更新情報